きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 1/9(木)】冬将軍の出番なし? この先も記録的少雪が続きそう…

2020年1月9日16:40

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆きょうの振り返り
 けさは特に留萌地方で冷え込みが強まりました。
 留萌市では今季初めて-10℃を下回り、留萌市幌糠では-19.5℃まで気温が下がりました。
 旭川ではけさ、風がなくて気温が-10℃以下に下がり、空気中の水蒸気も多かったことで細かい氷の粒が日光に照らされてキラキラと輝くダイヤモンドダストが見られました。
 日中の気温は平年並みとなったところが多く、函館や室蘭は3月上旬並みの陽気となりました。
 積雪は旭川で24センチと平年の半分ほど、札幌は平年の5分の1にあたる9センチと記録的な少なさになっています。

◆1か月予報
 きょう発表された1か月予報によると、この先も気温は平年より高めとなる見込みです。
 日本海側の雪は少なく、オホーツク海側も含めて晴れる日が平年より多くなる予想です。
 この先も寒気はゆるく少雪傾向が続いていきそうです。
 雪不足による影響も出始めていますが、なかなか解消されそうになく、さらなる影響が心配されます。

◆週間予報
 土曜日は雪の予想ですが、札幌ではちらつく程度、太平洋側もにわか雪の見込みです。
 来週にかけてもくもりや晴れの天気が続くでしょう。
 寒さは来週の方が強まりますが、雪の少ない状態は続いていきそうです。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE