きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 3/10(火) 太平洋側はあすにかけて100ミリ超の大雨に…”アイスジャム”にも注意!

2020年3月10日17:00

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時現在

◆きょうも雪どけ進む
きょうも季節外れの高温となっていて、札幌は7.2℃まで上がりました。
浦河町の最高気温は12.5℃で、3月上旬までに2日連続で10℃以上となるのは観測史上初めてのことです。
この気温で雪どけも進んでいます。
札幌の積雪は現在57センチできのうから6センチ減っていて、釧路ではきのうから20センチもとけています。

◆予想雨量
あす昼にかけて、日高地方や釧路地方では100~120ミリの大雨となる予想です。
さらに20センチの雪どけが約80ミリの雨に相当することから、実質180ミリ以上の大雨となって災害につながるおそれがあります。
なだれや低い土地の浸水・土砂災害・河川の増水など融雪災害に注意してください。

◆あすの予報
道央では天気の変化が速く、朝は雨でもその後は気温が急降下します。
午後は雪でふぶくところもありそうです。
道北でも西風が強まり、沿岸では吹雪になるでしょう。
太平洋側はあす日中になると天気が回復しますが、土砂災害や河川の増水が時間差で起こる可能性もありますのでお気をつけください。

◆”アイスジャム”に要注意
今の時期は川が凍っているため、割れた氷の塊がつまって流れをせき止めてしまう”アイスジャム”が発生する可能性があります。
アイスジャムが発生すると上流から流れてきた水があふれて洪水となることがありますので、
川の近くにお住いの方は今夜は防災情報が取れる環境でお休みください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE