きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 3/11(水) “春の嵐”のあとは冬に逆戻り 路面凍結などに注意を

2020年3月11日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

釧路など道東地方では、きのうから100ミリ近い大雨となりました。
この雨に雪どけ水が加わり、川が増水しています。

現在も標茶町には洪水警報が、そのほか波浪や暴風の警報が出されている地域もあります。

このあと、道東では天気が回復して晴れる見込みですが、雪どけが進むので融雪災害には注意が必要です。
一方、日本海側では沿岸部でふぶく見込みです。
12日朝までに上川北部などでは20センチ、札幌でも5センチ前後の雪が降る見込みです。

◆このあとの天気
日本海側は道北から雪の範囲が広がります。

◆予想最高気温
南西部では5~8度、東部では10℃以上の予想ですが、このあと気温は急降下。
夜はほとんどのところで0℃前後まで下がりそうです。

◆週間予報
金曜日は天気が急変します。
最高気温は午前中に観測され、午後は日本海側で雪が強まる見込みです。
週末はこの時期らしい寒さとなりそうです。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE