きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 5/29(水)】オホーツク海側 きのうとの温度差10℃以上 体調管理に注意!

2019年5月29日12:28

 (佐藤俊和気象予報士が解説 午前11時50分現在)

 きょうは東部を中心にまとまった雨となっています。
このところ、雨の少ない状態が続いていましたので、
農作物にとっては恵みの雨となったかもしれませんね。

 この後の予想を動かしますと南から湿った空気が流れ込むため釧路や根室、知床方面では夜まで本降りの雨が続いていきそうです。

 そして、注目していただきたいのが道央です。上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定となり、夕方ごろ、急な雨がありそうです。降る時間は短いので、もし傘を持っていなければ雨宿りをして、やり過ごしましょう。

 ◆この後の天気
帯広で日差しが戻るのは夕方ごろとなりそうです。きょうは西側の地域ほど日差しがありますが、札幌や倶知安、岩見沢などでは通り雨にご注意ください。気温です。全道的にきのうより低めで、20℃前後の所が多いでしょう。オホーツク海側ではきのうより10℃以上低く、午後もほとんど気温が上がらない見込みです。

 ◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは道北を中心ににわか雨があるでしょう。金曜日は午後から雨が降り、土曜日も影響が残る見込みです。

 土曜日は運動会という学校も多いですが、今の予報通りですと、太陽は雲に隠れてしまいそうです。札幌の最高気温は25℃くらいで、週末は少しムシムシとするでしょう。

 太平洋側です。天気の変化が早く、あさっては雨の所が多いでしょう。週末は晴れマークが多いですが、所によりにわか雨がありそうです。

 気温は平年より高めで、釧路では日曜日、20℃まで上がる予想です。

<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE