みんなのドラマ見て得キャンペーン

がんを防ごう

3人に1人ががんで亡くなる時代― がんで亡くなる道民は年間約1万8000人北海道はがんによる死亡率が全国で2番目に高く、部位別でみても、肺、乳房、すい臓、大腸など大半のがんで死亡率が全国平均を上回っています。がんで亡くなる人を減らすには?UHBが北海道新聞とともに発信!がんにならないために出来ることは?がんと診断された時、どう向き合っていけばよいのでしょうか?正しいと知識と情報をお伝えします。

バックナンバー

2017年
6月29日(木)OA
がんになっても働けますか?②~No moreがんハラ!働き方改革はいま

医療の進歩により生存率が向上し、がんと共に「働く」時代へ。
仕事をしながら通院するがん患者は、全国で約32万5000人に上ると推計されています。
しかしその一方で、解雇や退職を迫られる「がんハラスメント」に悩む患者も・・。
治療と仕事を両立するため、社会はどう変わらなければならないのでしょうか?

がんなどで社員が退職することになった場合は、社員が持つ経験やノウハウを失うことに。
少子高齢化で労働人口が減る中、恵庭建設は「社員が働きやすい」環境を作ることは、新たに人材を雇うよりもメリットがあると考えています。

ただ、病気の社員を雇うと企業の負担は増えます。
例えば東京都では、今年度から企業ががん患者を雇用しやすいよう「助成金」の支給を行っています。
また、産休や育休後の「時短勤務」は育児休業法で法律化されていますが、がんにはありません。
がん患者にも育児並みの対策を求める声も上がっています。

乳がんを早く見つけるために そんな中「企業が今から出来ることは?」なんなのでしょうか?
社労士の市村通乃さんに聞きました。

社員と企業のコミュニケーションが第一!
がんは手術して終わりではない。
通院もあれば体調が再び悪化することもある。
継続して話し合うことが重要です。

2017年
6月26日(月)OA
がんを防ごう特別編~乳がんから命を守るためにできることは?

乳がんを公表してから、およそ1年。
フリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が闘病の末、亡くなりました。
日本人女性の11人に1人がなると言われている乳がん。
今だからこそ知ってほしい・・・私たちが「乳がんから命を守るため」にできることとは?

基本的に乳がん検診は、40歳以上、2年に1回のマンモグラフィー検査が推奨されています。
自営業だったり、職場で検診を受ける機会がない主婦などは、検診から遠ざかりがち。
そういう方のために、「自治体による乳がん検診」があります。

【どうやって、どこで受けられるのでしょうか?~札幌市の場合~】
毎年、40歳の女性を対象に「乳がん検診無料クーポン券」が送付されます。40歳の方はこのクーポンを使って無料で検診を受けることができます。
それ以降も、検診費用を補助してくれます。
40歳以上の女性は偶数の歳に、
●北海道対がん協会 札幌がん検診センター・・・1300円
●指定の医療機関・・・1800円
(詳しくは札幌市のホームページで確認できます)

さらに今年度から変わったポイント!
補助の対象ではない奇数の歳の方も、「直前の偶数の歳」に検診してない場合は補助を受けられます。
例えば・・今年45歳の方でも、44歳の偶数の歳の時に検診を受けていなければ低料金で受けることができます。

乳がんを早く見つけるために 様々な情報が飛び交う中、いたずらに、乳がんを恐れるのではなく、普段から自己検診し、定期的に検診を受け意識を高めることが大切です。

2017年
5月25日(金)OA
がんになっても働けますか?①「治療と仕事の両立」患者の叫び

受動喫煙対策について話し合う自民党の会合で、議員からの「がん患者は働かなくていい!」という発言に波紋が広がりました。
日本では年間で新たに約86万5000人ががんと診断され、そのうち約3割が「働く世代」。
医療技術の進歩により生存率が向上し「がんと共に働く時代」になっています。しかし、その一方で、「治療と仕事」を両立できない難しさも。がんになっても働けますか?患者たちの心の葛藤に迫りました。

仕事は生活費や治療費のためだけじゃない、その人の「生きがい」。バリバリ働いてきた働く世代のがん患者にとって突然「社会から断切される」ことの辛さ、失望感は計り知れません。仕事を続けるために患者はどう行動すれば?

がんになった時どうする?患者心構え3カ条【がんになった時どうする?患者心構え3カ条】
① 「がんになったから働けない」という先入観を持たない!
② 病気について事業者に相談。対等な立場で希望を伝える。
③ 就業規則の「休職」のところを確認。こまめに事業者と連絡を取る。

とにかく1人で悩まないことが大切です。
就労支援窓口や医師や看護師、社労士に相談する方法も。

情報メモ

・斗南病院(札幌・中央区)
「がんサロン」毎週火曜日 第4火曜日のテーマは「働く」
・ハローワーク札幌東(札幌・豊平区)
「長期療養者相談窓口」※要予約 がん患者などの就職支援を行う

2017年
4月28日(金)OA
進化する放射線治療~切らないがん治療最前線

2017年
3月30日(木)OA
子供から大人へ・・地域を変える!予防の切り札「がん教育」

2017年
2月23日(木)OA
36歳で「卵巣がん」サバイバーになりました~沈黙のがんが教えてくれたこと

2017年
1月27日(金)OA
「がんと遺伝」予防の未来は~遺伝性乳がん

2016年
11月24日(木)OA
がんの陰にかくれない!~患者の私があなたに知ってほしいこと

2016年
10月27日(木)OA
女性も知らない?急増する『子宮体がん』~命のゆりかごを守るには

2016年
9月29日(木)OA
『肺がん』死亡率ワースト1を返上②~たばこを吸わない「肺腺がん」早期発見

2016年
8月26日(金)OA
『肺がん』死亡率ワースト1を返上①~待ったなし!北海道「たばこ対策」

2016年
7月28日(木)OA
感染を絶って『胃がん』撲滅へ!~予防の切り札「ピロリ菌」

2016年
6月30日(木)OA
『乳がん』を正しく知れば怖くない~乳がん検診3つの疑問

2016年
5月26日(木)OA
その血糖値もしかしたら『すい臓がん』?~沈黙の臓器の声

2016年
4月28日(木)OA
女性死亡数TOPの『大腸がん』~早期発見のカギ!最新大腸がん検査