年末ジャンボUHB

タクシー大暴れ男は"30代の弁護士" 本格聴取へ 札幌市

2017年11月10日16:25
 札幌市中央区でタクシーの車内で、暴れたうえに、料金を支払わずに立ち去った男について、警察が身元を特定した男は、札幌弁護士会に所属する30代の弁護士であることが、11月10日までに判明しました。近く本格的に事情を聴く方針です。

 叫びながら防犯ボードを蹴る男:「東7でも通んねえよ、どうなってんだよ、おい! おい! 」

 11月6日午後11時30分ごろ、札幌市中央区のススキノで、タクシーに乗った男が運転手に暴言を吐いて暴れ、防護板などを蹴り破壊。

 その後、男は乗車料金990円を支払わず、そのまま立ち去りました。

 タクシー会社から被害届を受けた警察は、この防犯カメラの映像を解析するなど男を追っていましたが、男が札幌弁護士会に所属する30代の弁護士であることが判明しました。

 警察では、器物損壊容疑で、男から事情を聴いています。

直近のニュース