年末ジャンボUHB

タクシー大暴れ"30代弁護士"の男 器物損壊で書類送検 札幌弁護士会「厳正な対応する」

2017年11月14日16:36
 札幌市中央区で11月6日、タクシーの車内で暴れたうえ、防護板などを壊した札幌弁護士会に所属する30代の弁護士の男が11月14日、器物損壊などの疑いで書類送検されました。

 叫びながら防犯ボードを蹴る弁護士の男「東7でも通んねえよ、どうなってんだよ、おい! おい! 」

 器物損壊などの疑いで書類送検されたのは、札幌弁護士会所属、30代の弁護士の男です。

 男は、11月6日午後11時30分ごろ、札幌市中央区のススキノでタクシーに乗り、運転手に暴言をはいて暴れ、防護板などを壊したうえ、乗車料金990円を支払わずにそのまま立ち去りました。

 被害届を受け、警察は、男を在宅で調べ続けていましたが14日、札幌地検に書類送検しました。

 男は容疑を認めているということです。

 男が所属する札幌弁護士会は、「深刻に受け止めており、信用回復に向けて弁護士法の定めに従って厳正な対応をする」とコメントしています。

直近のニュース