めざましじゃんけんWキャンペーン

「警笛鳴らしても逃げなかった」踏切で30メートル跳ね飛ばされ女性死亡 北海道苫小牧市

2017年11月20日17:25
 11月20日午前、北海道苫小牧市のJR北海道・室蘭線の踏切内で女性が普通列車にはねられ、死亡しました。この影響で一部列車に遅れが出ました。

 事故があったのは、苫小牧市光洋町のJR室蘭線の踏切で、20日午前11時すぎ、女性が室蘭駅発、苫小牧駅行きの普通列車にはねられました。

 警察によりますと、現場はJR糸井駅とJR青葉駅の間にある踏切で、50代から60代の女性が、踏切から約30メートルはね飛ばされ、女性はその場で、死亡が確認されました。

 列車内には約50人の乗客がいましたが、けがをした人はいませんでした。

 列車の運転手は警察に「警笛を鳴らしても、女性は避けなかった」と話しているということです。

 警察で、事故の原因を調べています。

 JR室蘭線は、20日午後0時20分過ぎに運転を再開しましたが、特急列車2本を含む3本に遅れが出ました。

直近のニュース