めざましじゃんけんWキャンペーン

「人を傷つけたい気持ちがあった」 札幌市の通り魔事件で12歳少年が関与認める

2017年11月27日06:00
 11月25日、札幌市東区で、女性が包丁で刺された殺人未遂事件で、札幌市の12歳の少年が事件への関与を認め、児童相談所に一時保護されました。

 事件への関与を認めて、一時保護されたのは札幌市の中学1年生の少年です。

 この事件は25日、札幌市東区の路上で20代の女性が刺されて重傷を負ったものです。

 現場近くの大型商業施設の監視カメラに女性の後をつける不審者が映っていて、警察が26日、似た服装の少年を見つけ事情を聴いたところ、関与を認めたということです。

 少年は「人を傷つけたい気持ちがあった」「包丁は1か月くらい前に万引きした」と話し、自宅から包丁のパッケージが見つかりました。

 通告を受けた児童相談所が少年を一時保護するとともに、警察が動機などを調べています。

直近のニュース