めざましじゃんけんWキャンペーン

「殺すところを想像していた」 札幌 "刃物"通り魔 12歳少年を保護 "近所「中学1年とは」

2017年11月27日12:04
 11月25日、札幌市東区で女性が刃物で刺され、重傷を負った殺人未遂事件で、警察は札幌市の12歳の少年を事件に関与したとして児童相談所に通告しました。

 少年は調べに対し「人を殺すところを想像した」と話していて、警察は動機などを調べています。

 事件に関与したとして児童相談所に通告され身柄を一時保護されたのは、札幌市に住む中学1年生の少年です。

 少年は25日、札幌市東区の路上で、20代の女性の背中を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

 記者:「現場近くの商業施設で、女性の後をつける黒いフード付きジャンパーを着た不審な人物の姿が、店内の複数の防犯カメラに映っていました」

 警察は26日、監視カメラに映っていた不審人物と同じ服装の少年を店内で発見し、事情を聴いたところ、事件への関与を認めたため児童相談所に通告し、少年は一時保護されました。

 近くに住む人:「とても驚いた。まさか中学1年生とは思わなかった」

 警察によりますと、少年は女性とは面識がなく「人を傷つけたい気持ちがあった」「人が死ぬことや、殺すところを想像していた」などと話しているということです。

 また、自宅からは女性の背中に刺さっていた包丁とは別の、未使用の包丁1本が見つかったということです。

 警察は、引き続き動機などを慎重に調べています。

直近のニュース