めざましじゃんけんWキャンペーン

飲酒暴走運転に奪われた19歳の命 "夢は看護師" 遺族 怒りの涙「運転手許せない」 北海道

2017年11月29日17:15
 11月27日夜、北海道登別市で19歳の専門学校生が飲酒運転の男の車にはねられ死亡した事故で、男は事故の直前、約2キロにわたり、抜きつ抜かれつの暴走運転をしていたことが分かりました。

 また男性の遺族が、沈痛な想いを語りました。

 遺族の母親:「いっぱい夢を持ったまま終わってしまうたった19歳の人生がかわいそうで、そう考えると運転している人が許せない」

 遺族の父親:「びっくりした顔で死んでいた。びっくりして何も感じないまま死んだじゃないか。本当にかわいそう」

 登別市の専門学校生、森口修平さん(19)。夢は看護師になることでした。

 森口さんは27日午後10時20分ごろ、登別市若山町の道道で、横断歩道を渡っていたところ、乗用車にはねられ死亡しました。

 酒気帯び運転などの疑いで逮捕された、登別市の会社員、藤森雄三容疑者(39)は事故の直前、前を走っていたスポーツカーをあおり、約2キロにわたって追い越し合うなどの暴走運転を繰り返し、衝突事故を起こしていました。

 警察は、藤森容疑者がこの事故現場から逃げるため、猛スピードを出して事故を起こしたとみて調べています。

直近のニュース