めざましじゃんけんWキャンペーン

無人島に漂着 北朝鮮の船と判明 生存10人 身振りで「北朝鮮から来た」 北海道

2017年11月29日19:11
 北海道の海が、騒然としています。11月28日、北朝鮮の木造船が、北海道松前町の松前小島に上陸し、複数の生存者が確認されました。11月29日になって、木造船は島を離れ、漂着。一体何が起こったのでしょうか。

 記者:「松前上空です。木造船が確認できます。数人の船員も確認できます」

 松前沖の日本海に、アンカーを降ろして漂泊する木造船の中で、ヘリコプターを見上げる男性。

 激しく波に揺られる木造船はかなり古い様子で、デッキには、丸太を連ねたような構造物が確認でき、船内で複数の人が確認されました。

 電光掲示板を使った問いかけに不審船は、身振りや手振りで「北朝鮮から来た。10人が乗っている。荒天回避のため、松前小島にいた」と答えたということです。

 北朝鮮の船が漂着したのは、松前町の約24キロ沖の無人島、松前小島です。

 海上保安庁などによりますと、28日午後2時過ぎ、パトロール中の北海道警察のヘリコプターが、島に不審な木造船が漂着しているのを見つけました。

 島には2人の人物が上陸していて、さらに船に5人いるのが確認されたということです。

 記者:「外国人が漂着したとみられる島付近に海上保安部の船が見えます。激しく波に揺られています」

 激しい波で島に近づけず、海上保安部などで監視していましたが、29日未明、松前小島から沖に出て、松前町の沖、約10キロ付近に停船しているのが確認されました。

 松前町では11月26日、北朝鮮の木造船の船首部分とみられるものが漂着していて、今回の木造船も形や特徴などから、北朝鮮の船とみられていました。

 松前小島の管理人:「監視小屋に、作業船が2隻、ボートが1隻ある。(28日に島に)行こうとしていたが、波があって、風が吹く予想だったので止めた。行っていたらどうなっていたか…」

 松前小島の管理人:「(Q.会っていたかもしれない?)行っていたら100%会っていただろう」

 海上保安庁などでは29日、海上保安庁法に基づいて立ち入り検査を行ったあと、道南地方の港に誘導し、天候の回復を待つことにしています。

直近のニュース