めざましじゃんけんWキャンペーン

北朝鮮の漂流木造船 えい航し午後立ち入り検査へ 10人乗員生存 北海道

2017年11月30日12:02
 北海道松前町沖で見つかった北朝鮮の木造船について、第一管区海上保安本部は、木古内湾へとえい航し、11月30日に立ち入り検査を行う予定です。

 30日午前7時、第一管区海上保安本部の巡視船から撮影された写真です。

 北朝鮮から来た木造船を、巡視船がロープでえい航しています。背後には下北半島が写っています。

 29日、松前沖で確認された船は、強い風と波で東へと流され、海保は夜間も巡視船で監視を続けてきました。

 しかし、大間町付近で座礁する可能性があったことから、海保は乗組員の説得を行い、午前6時ごろから、えい航を始めました。船は木古内湾へと向かっています。

 30日午後から約6.5キロの沖合で、海保の職員が乗り移って、立ち入り検査を行う予定です。

直近のニュース