めざましじゃんけんWキャンペーン

松前小島から無断持ち出しか? 北朝鮮船内から"家電"見つかる 北海道

2017年12月1日19:30
 北朝鮮の木造船。12月1日で発見から4日目を迎えましたが、新たな局面を迎えました。

 漂着していた松前小島にあったとみられる道具などが、船内にあったことが分かりました。無断で持ち出したとみられています。

 記者:「知内町沖合です。1日も木造船に対する、立ち入り検査が行われています」

 北朝鮮の木造船の立ち入り検査は、11月30日に引き続き、1日も行われ、海上保安庁や警察の担当者が乗り込み、船内の積み荷の確認や、乗組員の聞き取り調査を進めています。

 これまでの聞き取り調査で、北朝鮮国籍の10人の船員は、いずれも帰国を希望しているということですが、捜査関係者によりますと、船内から船外機やテレビなど家電製品が見つかっているということです。

 松前小島を管理 吉田修策さん:「このポール、確か(松前小島の)部屋の中にあったもの。北朝鮮にこんなポールはないはず。このポリタンクは、水か油が入っていたものだと思う」

 (Q.何が無くなったら一番困る)「船外機。無かったら仕事にならない」

 11月28日、松前町沖の松前小島に漂着した木造船は、11月29日未明に島を出港していました。

 松前小島には作業小屋があり、船外機や漁のための道具が置かれていましたが、これが持ち出された可能性があるということです。

 これまでの調べに対し、乗組員は「約1か月前に船の舵が壊れて漂流していた。悪天候を回避するために上陸した」などと話しているということです。

 立ち入り検査は2日も行われる予定で、乗組員から話を聞くなど、調査を進めています。また、窃盗の疑いも浮上していることから、今後、陸上での本格的な聴取も検討するということです。

直近のニュース