めざましじゃんけんWキャンペーン

また"飲酒運転" 60歳男 追突事故で男性軽傷 基準値2倍超アルコール検出 "同僚と飲み" 北海道

2017年12月2日16:28
 北海道でまた、飲酒運転による事故です。12月1日、岩見沢市で乗用車同士の追突事故があり、追突した運転手の呼気からは、基準値の2倍以上のアルコールが検出されています。

 1日午後10時頃、岩見沢市栗沢町北本町の市道で飲酒運転の乗用車が、道路の左端に停車していた乗用車に追突しました。

 この事故で、追突された50代の男性が軽傷です。

 警察によりますと、追突した車を運転していた岩見沢市の会社員、加納清史容疑者(60)の呼気からは、基準値の2倍を超えるアルコールが検出されていて、酒気帯び運転などの現行犯で逮捕されました。

 加納容疑者は、同僚と酒を飲んだあと帰宅途中でした。

 北海道では、1日から忘年会シーズンに向けて飲酒運転根絶活動が強化されたばかりでした。

直近のニュース