めざましじゃんけんWキャンペーン

北海道神宮 参拝客のスタンバイ 巫女が"すす払い" 札幌市

2017年12月26日19:37
 年の瀬を迎え、札幌市の北海道神宮で恒例のすす払いが行われました。

 札幌市中央区の北海道神宮では、毎年12月26日にすす払いが行われます。

 26日は神事のあと、神職や巫女が長さ4メートルの竹の棒の先に、笹の葉をつけたはたきを使い、手の届かない天井などのすす払いを行いました。

 北海道神宮の初詣は例年通り、1日は午前0時に開門し、三が日では例年並みの75万人の参拝客を見込んでいます。

直近のニュース