めざましじゃんけんWキャンペーン

また雪の事故 屋根の氷を落としていたら…脚立から転落 84歳男性が鎖骨折る重傷 北海道

2017年12月31日09:35
 12月30日午後、北海道・訓子府町で屋根の氷を落としていた84歳の男性が脚立から転落し 鎖骨を折るなどの重傷です。

 警察によりますと、事故があったのは北海道・訓子府町の住宅で、12月30日午後1時半ごろ、84歳の男性が脚立に乗ってひとりで自宅の屋根の氷を落していたところ足を滑らせ転落したということです。

 男性は鎖骨を折るなど重傷です。

 北見警察署管内では12月に入り同様の事故が5件発生しています。

 北海道内は12月31日は比較的天気が穏やかで、最高気温が平年並か高めの所が多く、警察は屋根の雪下ろしなどをする際には、ひとりで作業をしないよう注意を呼びかけています。

直近のニュース