めざましじゃんけんWキャンペーン

札証大発会 道銀フォルティウス小笠原選手が取引開始の鐘  北海道・札幌

2018年1月4日12:00
 札幌証券取引所では1月4日、2018年初めての取り引きとなる大発会が行われ、カーリングの小笠原選手が取引開始を祝う鐘を鳴らしました。

 2018年の大発会には北海道銀行フォルティウスの小笠原歩選手ら5人が参加し、「札証の鐘」の打ち初めを行いました。

 北海道銀行フォルティウス 小笠原歩選手:「札幌はオリンピック、パラリンピック招致に向け、一歩ずつ前進しています。私たちは競技を通して札幌市・北海道を盛り上げたい」

 札幌証券取引所の小池善明理事長は、晴れ着姿の従業員などを前に、「北海道経済は、2018年も引き続き穏やかな成長基調にある」と挨拶し、早速始まった取引では、ほとんどの銘柄が値上がりしました。

直近のニュース