めざましじゃんけんWキャンペーン

「身動きとれない」 道南襲った"記録的大雪" 至る所で車"立ち往生" JRは43本運休 北海道

2018年1月12日19:35
 北海道函館市など道南地方では1月11日から約50センチの記録的な大雪となり、12日朝から大混乱となりました。

 除雪が追い付かず、至る所で車が立ち往生しました。なぜ、道南地方が大雪となったのでしょうか。

 佐藤健カメラマン:「ここは2車線道路なんですけど、全く身動きがとれなくなっています」

 12日未明に、非常に激しい雪が降った函館市。

 11日から44センチの雪が降り、除雪が全く間にあわず、至る所で、車が立ち往生しました。

 函館市民:「除雪が入っていないから、軽自動車は四駆でも上がっていけない」

 佐藤健カメラマン:「ここ道路ですよね」

 函館市民:「そう、道路!」

 佐藤健カメラマン:「なんだこれ!」

 こちらの2人が必死に雪かきをしている場所は道路。人の力では、なす術がない程の雪の量です。

 どれぐらい積もっているのか、深さを測ってみると…。

 函館市民:「50センチもある」

 こちらの中華料理店では…。

 中華料理店 店長:「12日はダメだ、13日もダメじゃないか。スープ炊いたが諦めた」

 救急車も、雪で一時動けなくなるなど、混乱は収まらず、路線バスも一部区間で運休に。

 佐藤健カメラマン:「全然進まないんですね」

 バスの運転手:「運休になった」

 函館市の隣まちの七飯町でも、11日から55センチの雪が降り、1日に降る1月としての記録も、更新しました。

 三宅真人記者:「七飯町大沼です。少し登り坂になっているのですが、至る所で、トラックなどが止まってしまっています。動けなくなったトラックを、除雪車がけん引しています」

 七飯町の国道5号線では12日午前7時ごろに、一時9キロにわたって、車が立ち往生しました。

 また、北斗市と江差町を結ぶ国道227号線は、約4時間通行止めになりました。

 三宅真人記者:「どれ位待っている?」

 トラック運転手:「2時間くらい」

 三宅真人記者:「数時間にわたって通行止めになっていた道路、たった今開通しましたが、道路脇には進めなくなったトラックが残されています」

 JRは、道南方面を中心に43本が運休し、函館駅では、運転再開を待つ人の長い列ができました。

 一方、道北地方では厳しい冷え込みに。

 幌加内町では、この冬北海道で初めて氷点下25度を下回り、町中がダイヤモンドダストに包まれました。

 また留萌市の海上でも、冷えて水蒸気がたちのぼり、大規模な"けあらし"が発生しました。

 晴れた地域が多いなか、道南は、日中も雪が降り続き、12日夜遅くまでは、大雪に注意が必要です。

直近のニュース