めざましじゃんけんWキャンペーン

厳しい冷え込みの中道内25会場で大学入試センター試験 道内18000人余り出願 札幌市

2018年1月13日12:30
 厳しい冷え込みの中、大学入試センター試験が道内でも、13日から25の会場で始まりました。

 13日の道内は、28の地点で氷点下20℃を下回り厳しい冷え込みとなりました。

 センター試験は、道内では1万8000人余りが出願していて、最も受験者数が多い北海道大学など道内25の会場で、予定通り午前9時半から始まりました。

 13日は、地理・歴史、公民と国語、外国語の試験となっていて、受験生は緊張した面持ちで試験に臨んでいます。

 なお道内では、白老町で起きた踏切事故の影響で、室蘭工業大学で受験する3人が試験に遅れ、別室で試験を受けているということです。

直近のニュース