めざましじゃんけんWキャンペーン

タンクローリー 減速せず追突か "信号待ち"車つぶれ男女死亡 「前を良く見てなく」 北海道

2018年2月13日16:59
 2月13日午前、北海道当別町で信号待ちをしていた軽乗用車が、2台のタンクローリーの間に挟まれ、軽乗用車に乗っていた2人が死亡しました。

 事故があったのは、当別町ビトエの国道の交差点です。

 13日午前10時40分ごろ、信号待ちの軽乗用車にタンクローリーが追突し、その弾みで軽乗用車が前に止まっていた別のタンクローリーとの間に挟まれました。

 この事故で軽乗用車に乗っていた60代から70代とみられる男女2人が死亡しました。

 タンクローリーの運転手に、けがはありませんでした。

 警察によりますと現場の状況からスピードを落とさずに追突した可能性があり、タンクローリーを運転していた、苫小牧市の運転手、吉村縁容疑者(63)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

 調べに対し吉村容疑者は「前をよく見ていなかった」と話していて、警察で事故の原因や、身元の特定を急いでいます。

直近のニュース