めざましじゃんけんWキャンペーン

11人死亡火災から2週間 7人目遺体引き渡し 現場周辺 手を合わせる人の姿 今も 札幌市

2018年2月14日12:55
 札幌市東区の自立支援施設で11人が死亡した火災で2月14日、警察が身元が判明した遺体を遺族に引き渡しました。

 佐藤創記者:「ご遺体が、東警察署を出ます。これからご遺族のもとにもどります」

 札幌市東区の自立支援施設「そしあるハイム」で11人が死亡した火災で、14日午前10時30分ごろ、身元が判明した遺体が、遺族に引き渡されました。

 火災発生から2週間が経ちましたが、現場はビニールシートで覆われ、周囲は規制線がはられたままです。

 14日も献花台で手を合わせる人の姿が見られました。

 亡くなった11人のうち、13日までに10人の身元が判明していて、警察では残る1人の身元の特定を急いでいます。

直近のニュース