発見!タカトシランド

7歳男児重傷 自転車ひき逃げで目撃者が証言 札幌市

2018年4月16日20:04
 4月9日札幌市中央区の歩道で7歳の男の子が自転車にはねられ重傷を負い、自転車の男がそのまま立ち去ったひき逃げ事件で現場近くにいた目撃者が一部始終を証言しました。

 目撃者:「まさか(男の子を)放置するとは思ってなかったんで…」

 この事件は4月9日午後5時ごろ、札幌市中央区の歩道で7歳の男の子が自転車にはねられ、左足を骨折する重傷を負ったものです。

 男は現場から立ち去り、16日午後6時15分現在も所在はわかっていません。

 防犯カメラに写っていた2人の目撃者は…。

 目撃者:「(Q."大丈夫かい?"という感じではなかった?)声をかけて…という感じはしましたね。たぶん男の子が落とした財布だと思うんだけど、それを(財布)を拾って渡すそぶりしていた。男の子は痛い痛いと…」「(最後の方は泣いていた?)そうですね。男は20代後半にみえた。学生のような感じは無かった。自転車に特徴があった。いい自転車だった」

 またコンビニの店主がこの事件が起きる前の1週間分の防犯カメラの映像を調べたところ、男の姿は写っていなく、男は普段、この道を利用していなかった可能性があります。

 警察によりますと男は年齢20歳から30歳くらいのやせ形で、警察は情報提供を呼びかけています。

直近のニュース