発見!タカトシランド

ハウスの骨組み大きく曲がる…77歳男性が畑で耕運機に挟まれ死亡 試運転の作業中だったか 北海道旭川市

2018年5月17日19:48
 17日正午過ぎ、旭川市の住宅で、77歳の男性が手入れをしていたとみられる耕運機に挟まれる事故があり、まもなく死亡しました。

 土井若楠記者:「男性は一人で作業をしていたとみられる。ビニールハウスでしょうか骨組みが大きく曲がっています」

 17日午後12時30分ごろ、旭川市東光12条1丁目の住宅の畑で、「男性が耕運機に挟まれている」と、近くの飲食店の客から消防に通報がありました。

 男性は農業用ハウスの骨組みと耕運機の間に挟まれていて、まもなく救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 男性はこの家に住む越智新一さんで、近所の人によりますと、越智さんは、修理を終えた耕運機の試運転を兼ねて1人で作業をしていたということです。

 警察が事故の状況を調べています。

直近のニュース