伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

<登下校の死角#4>札幌市で塾帰りの小学生 殴られ出血 身長170センチ男は逃走中 動機は?対策は?

2018年5月23日19:59
 また小学生が巻き込まれる事件が起きました。5月22日夜、札幌市厚別区で、塾帰りの小学5年生の男女2人が男に殴られ、女子児童がけがをしました。警察が傷害事件として捜査しています。

 木村洋太記者:「小学生はビルを出たところ、突然襲われました」

 事件があったのは、札幌市厚別区厚別中央1条6丁目の歩道です。

 22日午後9時5分ごろ、札幌市清田区の小学5年の男女の児童2人が、建物から出てきたところ、前からきた男に突然殴られました。

 女子児童は顔を平手で殴られ、鼻から出血するけがをして、話を聞いた母親が警察に通報しました。

 2人は、塾帰りで4~5人で建物から出てきたところでした。

 付近の小学校では、緊急のメールやプリントを配布したほか、登下校の時間帯にいつもより多くの教員が出て、児童を見守るなど厳戒態勢となっていて、不安が広がっています。

 保護者:「危ないし怖いから、子供一人で外に出したくない」「子供も心に被害を負うし、親も学校に通わせるのが辛くなる」

 男は40代ぐらいで、身長約170センチの中肉、丸刈りで、歩いて南の方向へ逃げたということです。

 警察は、傷害事件として付近の防犯カメラ映像の解析を進めるなどし、男の行方を追っています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNNニュース