伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

「顔見てるだけで殴りたくなる!」スポーツの闇? それとも勝つために必要? パワハラで大量退部 清水町

2018年5月23日20:00
 スポーツ界のパワハラ問題に、北海道でも注目が集まっています。

 日本大学アメフト部の悪質タックル問題に注目が集まる中、北海道でも清水町で、アイスホッケーチームで、パワハラで大勢の選手が退部していたことが明らかになりました。スポーツの舞台で続く『闇』…。実態を取材しました。

 日本大学 宮川泰介選手:「私は監督に直接『相手QBをつぶしに行くのでつかってください』と伝えました。監督からは『やらなきゃ意味がないよ』と言われました」

 22日に開かれた謝罪会見で、危険なタックルの指示があったと話した日本大学アメフト部の宮川泰介選手。

 5月6日に行われた関西学院大学との定期戦で、宮川選手の悪質なタックルで関学大の選手にけがをさせた問題。

 会見で明らかになったのは監督やコーチの指示に従う絶対的な関係でした。

 日本大学 宮川泰介選手:「(Q.日ごろから監督には否定できない雰囲気?)基本的に監督と直接お話しする機会がなかったんですけど、意見を言えるような関係ではなかった」

 こうしたスポーツ界の体質は北海道でも…。

 水上孝一郎記者:「スポーツの指導法を巡るトラブルは、北海道のチームでも起きていました。スポーツの場でのパワハラが街を二分する問題になっています…」

 トラブルがあったのはオリンピックの代表選手も所属する十勝の清水町の女子アイスホッケーチーム「御影グレッズ」です。

 関係者によりますと2018年3月の試合中、男性コーチが高校生の選手3人に「お前のせいで試合に負けた」、「ユニホームを脱いで出ていけ」など、威圧的な言葉を浴びせたということです。

 過去に所属していた選手の保護者:「しょっちゅうそういう暴言は、常に試合中も。試合中にベンチから外に出す。いじめみたいな。無視したり。お前の顔見てるだけで殴りたくなる。本当にお前ブスだなって、言ったというのを聞いて」

 チームは監督やコーチ、5人全員を解任しましたが、この問題で22人の選手のうち、13人が退部しました。

 パワハラの影響で高校生の選手、6人が退部した一方、6人の社会人選手が退部した理由は、コーチの処分に納得がいかないというものでした。

 厳しい指導に不満が漏れる一方、チームの関係者は取材に対し、複雑な心境を明かしました。

 関係者:「あんなことでパワハラと言われたら何もできなくなる」「やめた高校生も厳しいコーチがいることは知って入部しているはずだ」

 残された選手はわずか9人。チームは難しい再スタートを切ることになりそうです。

 チームに残る選手の保護者:「ここからみんな集まって、しっかりと動き始めていくと思いますけども、まず残った子達がしっかりと競技に集中できるよう、しっかりとサポートしていきたいと思っています」

直近のニュース