北海道マラソン2018

北海道電力・泊原発 安全対策助言の専門家 現地視察 緊急時どうする? 対策確認

2018年8月21日19:23
 北海道電力・泊原発の安全対策を道に助言する専門家が8月20日に続き現地を視察し、緊急時の対策を確認しました。

 視察2日目の21日、北海道に助言を行う専門家らは1号機に近い高台に3年前に作られた緊急時の指揮所などを視察しました。

 事故が起きた場合でも建物内には放射性物質が入らない構造になっていることや普段の訓練の状況について北電から説明を受けました。

 道の有識者会合は地質や安全工学などの専門家ら6人で作られこれまでに2回原発の審査で進展があった場合に開かれています。

 北海道原子力安全対策担当 菅原裕之局長:「今後、審査会合で一定の方向性が出れば北電と道民に知らせる資料を作る。先生たちの意見を反映させたい」

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン