胆振東部地震関連情報はこちら

町を元気にする大きな力に… 生活情報リスナーへ発信「むかわさいがいエフエム」開局 北海道

2018年9月19日19:22
 震度6強の地震で大きな被害を受けたむかわ町で、「臨時災害放送局」が開局し、19日から生放送がスタートしました。

 臨時放送局の「むかわさいがいエフエム」災害時に自治体が臨時に開設できるFMラジオ放送です。

 役場内に設置されたスタジオからは被災した住民に向け、むかわ町の防災情報や救援物資の提供、町への応援メッセージなど地元に密着した生活情報が提供されます。

 平日は午後6時から約1時間の放送で、番組名は「どもども むかわです」。番組パーソナリティを務めるのはむかわ町在住の主婦・今村京子さんと久保田夕子さんの2人です。

 久保田夕子さん:「避難所もまだまだたくさんの人が避難されているが、その方々がたくさんお良い情報を得ることが出来て元気になれるような放送になればいいのかな」

 今村京子さん:「スーパーのことですとか主婦目線で、防災無線ではなくていろんな意味でお伝えできたらいいのかな」

 「むかわさいがいエフエム」では町内在住の高校生以上の人を対象に、ラジオの運営スタッフやパーソナリティを募集中です。

 今後やる気に満ちた若い人達も参加し、町に元気を与える大きな力になりそうです。

直近のニュース