胆振東部地震関連情報はこちら

山頂うっすらと…早くも冬の便り 大雪山系旭岳で初冠雪 平年より5日、去年より10日早い観測 北海道

2018年9月20日17:10
 早くも冬の便りが届いてきました。旭川地方気象台は20日、大雪山系の旭岳で初冠雪を観測したと発表しました。

 青木和宏カメラマン:「雲の隙間から旭岳山頂が白くなっているのが見えます」

 ご覧いただいているのは、20日、初冠雪が観測された、大雪山系旭岳の様子です。

 山頂付近がうっすらと、白い雪に覆われています。

 旭岳の初冠雪は平年より5日、2017年より10日早い観測です。

 北海道上空には、10月上旬から中旬並みの寒気が入り込んでいて、旭岳の山頂付近で雪になったものと見られています。

 大雪山系の山々では紅葉が見ごろを迎えていますが、山の上では、季節は秋から冬へ、着々と移り変わりつつあるようです。

直近のニュース