胆振東部地震関連情報はこちら

交通事故防止を! 秋の全国交通安全運動スタート 手作り野菜活用 ユニークな試みも 北海道

2018年9月21日20:05
 秋の全国交通安全運動が21日、スタートしました。北海道各地で交通事故防止を呼びかけました。

 札幌市中央区で行われた交通安全道民総決起大会には約400人が参加し、交通事故防止や交通ルール遵守への決意を新たにしていました。イベント終了後には参加者が市内の街頭に立ち、旗を振って安全運転を呼びかけました。

 道警本部交通企画課 大田見拓調査官:「日没時間が早まり車と歩行者の事故は増加傾向にあるので交通安全への手を緩めるわけにはいかない」

 一方、手作り野菜を活用したユニークな試みも…。

 「安全運転お願いします」

 音更町にある道東道・帯広音更インターチェンジ。子供たちが笑顔でドライバーに配っているのはジャガイモです。しかし、ただのジャガイモではありません。安全運転を願う「交通安全野菜」です。

 「デカイでーす」

 この野菜は帯広市の農家・山口祐次さんの畑で、地元の小学生たちが植え付けから収穫まで手がけたものです。

 山口さんはもう10年近く、交通安全を支えようと手弁当で協力しています。

 山口祐次さん:「(子供たちとの触れ合いが)好きだからね。(子供たちにプレゼントを)手渡されるとドライバーは気を付けなきゃならないなという意識が高まると思うから」

 道内の交通事故死亡者数は20日現在、前の年より5人少ない99人となっています。

 秋の交通安全運動では子どもや高齢者の事故防止やスピードダウンなどを重点に置き、30日まで行われます。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン