胆振東部地震関連情報はこちら

地震で被害の苫東厚真2号機 再稼働は10月中旬以降 装置不具合で 北海道

2018年9月24日10:30
 胆振東部地震で被害を受け、今週前半にも復旧するとしていた苫東厚真火力発電所の2号機について、北電は、再稼働が10月中旬以降にずれ込むと発表しました。

 北電は当初予定より、復旧作業が順調に進んでいることから、出力60万キロワットの2号機を今週前半に大幅に前倒して再稼働させるとしていました。

 しかし9月21日から試運転を始めたところ、2号機のボイラーで使う石炭を細かくする装置に不具合が生じました。

 この装置の点検や清掃に3週間程度かかるため、再稼働するのは、10月中旬以降になるということです。

 北電は、電力需要に対し十分な供給力があるとして引き続き無理のない範囲での節電を呼びかけています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン