胆振東部地震関連情報はこちら

苫東厚真発電所4号機 午前3時に復旧 2号機10月にも再稼働見込み 冬需要期前に全3基復旧へ

2018年9月25日09:35
 胆振東部地震で損傷し停止していた苫東厚真発電所4号機が25日午前3時に復旧しました。

 苫東厚真4号機は地震の揺れでタービンの軸受け部分から潤滑油が漏れ出火しました。

 北電は当初、タービンを分解し点検する必要があるため復旧は11月以降としていました。

 しかし、その後の調査で損傷が軽く、分解の必要がないことが分かり、24日から発電出力を上げながら試運転を行い、安定的な動きが確認されたことから、25日午前3時に復旧しました。

 これにより、70万キロワットの電力供給が実現します。

 苫東厚真発電所では2号機が10月中旬に再稼働する見込みで、冬の需要期を前に主力の発電所の全3基が復旧する見通しです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン