みんなのテレビ

【北海道の天気 11/8(木)】あすからあさってにかけて大荒れ 浸水や川の増水・落雷などにも注意を!

2018年11月8日19:32
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

◆「大霜のあさって」とは?
 大霜が降りると2日後には荒れるということわざ。霜が降りるくらいの冷え込みと言うのは、高気圧に覆われ始めるとき。覆われ始めは、放射冷却で冷えるんです。3℃以下になると霜が降ります。そして高気圧が通過するのにだいたい2日くらいかかります。2日くらいかかって、次にやって来るのが低気圧なので、霜が降りた2日後には天気が荒れるということなんです。まさに、このことわざに当てはまるように、あすからあさってにかけて荒れそうです。

◆雨風の予想
 あす朝6時、北海道も風が強まり始めます。そしてあすの昼前には雨風強まって、あすの午後5時、南西部を中心に雨風が強まりそう。活発な雨雲がかかります。あすの夜にかけて日高地方などで雨の降り方が激しくなっていきそうです。今回の低気圧は活発で、活発な雨雲や雷雲を伴っていきます。雨量が多くなりそうなのは主に南西部。特に夕方~夜にかけてがピーク。短い時間に激しい雨となりますので、浸水や川の増水、雷、竜巻、ひょうなどの被害にも注意してください。

◆札幌区ごとの天気予報
 あすは札幌でも天気が大きく崩れていきそうです。午後3時~6時にかけて激しい雨が降ったり、南区を中心に落雷などにも気を付けてください。札幌市内は最大で80ミリ、浸水の恐れもあります。

◆週間予報
 あすは南西部を中心に大雨。そして嵐の次にやってくるのは冬将軍。来週火~水曜日、傘マークではありますが、平地でも初雪の可能性があります。

 太平洋側・道東は、今回の低気圧で季節が大きく動いていきそうです。土曜日の午後は晴れ間が戻りますが、風の強い状態。日曜日は晴れ間が戻るものの、来週は寒気が流れ込んで朝晩は寒くなっていきそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン