ドリームジャンボUHB

なぜ秋田犬は"飼い主"かんだか? 79歳女性死亡の疑問 北海道斜里町

2017年4月19日19:30
 4月17日、北海道斜里町で、飼っていた大型犬にかまれ、女性が死亡しました。慣れているはずの飼い犬が、なぜ人を襲うのでしょうか?また、襲われそうになったら一体どうすればいいのでしょうか?

 4月17日、斜里町に住む今野恒子さん(79)が、飼っていた秋田犬に腕などをかまれ、病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

 当時、犬はポールに鎖でつながれており、警察は、今野さんが餌を与える際にかまれたとみています。

 かんだのは、体長約1メートルの3歳の雄犬で、現在は斜里町役場に保護されています。

 被害者の夫 今野政一さん:「(普段は)かみつくことはしない。じゃれてはくる、立ち上がって…。このくらいの大きさの犬だから。散歩に、今年はあまりやってなかったのさ。俺も年で足が悪いから、あまり引っ張って歩くから、連れて歩けなかった」

 なぜ、慣れているはずの犬が、飼い主を襲ったのでしょうか?。警察犬の訓練などを行う専門家によると…。

 マキドッグスクール代表 牧宏美さん:「やはりストレスが、おまけに年齢も若いから、散歩したい、どこかに行きたいという気持ちが強くて、たまりにたまって今回の事故になったのかもしれません」

 高齢者が、大型犬を飼うことの難しさもあるといいます。

 マキドッグスクール代表 牧宏美さん:「最初に飼った頃には、自分も若くて元気だったが、何年かたてば、足腰も弱ってくる。散歩も行きづらくなってくる。高齢の方なら、引きずり回されて、逆にケガをしたり骨折したり、いろいろな面があると思う」

 人が犬にかまれる事故は、2011年度から2015年度までの過去5年間に北海道で545件起きています。遠軽町では、2015年、ブリーダーの女性が、大型犬に噛まれて死亡しました。また、2014年には、白老町の海岸で、女性が土佐犬に襲われ溺死しています。

直近のニュース