みんなのドラマ見て得キャンペーン

非常に強い"台風5号" 気になる"異変" 去年"甚大な被害"出した10号に"酷似" 北海道

2017年8月1日19:17
 2016年8月は5つの台風が北海道に接近・上陸し、大きな被害が出ましたが、2017年も台風に異変が起こっています。日本の南海上で迷走する台風5号が8月1日から、北上を始めました。北海道への影響はあるのでしょうか? 。

 記者:「ここ、北海道広尾町では、2時間前に一気に天気が急変しました。風が非常に強い状況です」

 2016年8月、北海道に9年ぶりに上陸した台風7号。しかしその後も…。

 記者:「氾濫した常呂川のすぐそばの道路が冠水していますが、車があるということで消防が救出作業をしています」

 アナウンサー:「川からどんどんと濁った水が水田、畑、住宅地にまで浸水しています」

 わずか2週間で、5つの台風が上陸・接近し、かつてない大雨に見舞われたのです。

 記者:「こちら道路の先が見えますか?マイクロバスが前の部分が水没していて、時々“助けて”という声が聞こえてきます」

 最も大きな被害を出したのが台風10号。北海道十勝地方では2人が死亡し、いまだに2人の行方が分かっていません。

 壊滅的な被害を受けた日勝峠など、復旧作業が続いていますが、2017年も、2016年と共通する台風の異変が…。

 7月、過去最多の8個の台風が発生し、なかでも、台風5号は迷走を続け、急激に勢力を強めています。北海道への影響はあるのでしょうか。

 気象予報士の菅井貴子さんが解説します。

 最新情報では、南の海で勢力を蓄えています。台風5号は非常に勢力が強くなっています。

 週末にかけて九州などに上陸する恐れが出ています。

 今後、どういう進路かは、1日現在、わからないという状況です。

 また、2016年と共通の異変が2つあります。まずは発生場所です。2016年の台風10号と今回の5号は非常に発生場所が近く、かつ、例年では発生しずらい珍しい場所で発生しています。しかも、迷走している所も酷似しています。

 また、高気圧にも異変が。太平洋高気圧の張り出しが弱く、高気圧が2つに分かれて、台風の通り道ができている所も、去年とよく似ています。

 台風が来やすい気圧配置になっているため、2017年も油断禁物です。

直近のニュース