みんなのドラマ見て得キャンペーン

オスプレイ 18日から使用再開 小野寺防衛相「反対の声 報告受けていない」 北海道

2017年8月15日19:02
 懸念が払拭されないまま、訓練で使用されることになります。

 小野寺防衛大臣は、北海道で行われている日米共同訓練で、18日から輸送機オスプレイ6機を使用することを明らかにしました。

 小野寺五典防衛大臣:「(オスプレイは)8月16日から三沢基地に入り、18日から本訓練に参加することになった」

 小野寺防衛大臣は、北海道恵庭市などで行われている日米共同訓練で、18日からオスプレイ6機を使用することを明らかにしました。

 記者:「地元同意が十分にされた?」

 小野寺防衛大臣:「関係自治体からは、安全に十分配慮して対応していただきたい、という要望をいただいた」

 記者:「日付が先で"通告"のようだが?」

 小野寺防衛大臣:「丁寧に説明させていただき、関係自治体から安全面に注意してほしいという要請をいただいている」

 記者:「自治体から反対の声は?」

 小野寺防衛大臣:「明確にそのような指摘があったとの報告は受けていない」

 オスプレイをめぐっては、オーストラリア沖での墜落事故を受け、北海道など、関係する自治体が訓練で使用しないよう求めていましたが、政府は飛行再開を容認していました。

 自治体からの反対の声については、「報告を受けていない」とした小野寺防衛大臣ですが、北海道はどんな説明を受けたのでしょうか?

 北海道 高橋はるみ知事:「(防衛省としては)飛行再開が理解できるとの見解が示された。安全保障環境が厳しさを増しているなか、地域の安定化のために、極めて重要であるとともに、沖縄の負担軽減に大きく寄与するものと(説明を受けた)」 

 オスプレイは16日、青森県の三沢基地に入り、18日から北海道大演習場や上富良野演習場に展開するとみられます。

直近のニュース