きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 7/23(火)】涼しいのはきょうだけ あす以降蒸し暑く 週末~猛暑?

2019年7月23日12:17

 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 きょうは二十四節気の『大暑』、一年で暑さがもっとも厳しいころとされています。きょうの札幌は風が涼しく感じられますが、あす以降は暦通り暑くなりそうです。

◆風と暑さ
 まずきょうは南東から涼しい風が入ってきていますが、あす以降は徐々に南西よりの風に変わって蒸し暑くなります。さらに週末は本州の高気圧がぐっと強まる可能性があり、そうなると大陸から乾いた熱風が吹いてきます。そのため、気温がぐんぐんと上がって厳しい暑さになる予想です。しのぎやすいのはきょうだけとなりそうです。

◆23日午後の天気と予想気温
 日本海側はきのうより3℃くらい低いでしょう。札幌は22℃で風にあたると気温以上に涼しく感じられそうです。オホーツク海側はきょうも暑さが続く見込みです。

 この後の天気です。網走や北見は晴れ間があるでしょう。一方で、室蘭から苫小牧は雨が続く見込みです。その他の雨マークのところは、時おりぱらつく程度で、小樽では日のさす時間もありそうです。

◆週間予報です。
 あすは西から雨雲が近づき、その後は降ったりやんだりの天気が続くでしょう。土曜日は雨脚が強まる見込みです。あす以降は蒸し暑く、日曜・月曜は真夏日の所が多くなりそうです。

 太平洋側です。こちらもすっきりしない天気が続くでしょう。週末になると日差しが戻り、かなり暑くなりそうです。日曜日の帯広は33℃まで上がる予想で、熱中症などに注意が必要です。

<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE