きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 7/24(水)】きょうはあちらこちらで雨 ムシムシ度上昇中

2019年7月24日12:20

 (佐藤俊和気象予報士が解説 午前11時50分現在)

 このところ胆振地方では雨が続いています。原因は南からの湿った風で登別市や白老町ではこの3日間の雨量が60ミリから80ミリとなっています。地盤が緩んできていることから、白老町には大雨注意報が発表されています。

 そしてきょうは雨雲の帯が道内を通過していきます。この時間は日本海側北部に雨雲がかかっています。このあと、今降っている雨は抜けても夕方になると留萌地方からやや活発な雨雲が流れ込んでくる予想です。
一方、白老町周辺は止み間が多くなりそうです。

 ◆この後の天気
 道央と道南です。午後も雲が多いでしょう。時おり日のさすこともありますが、夕方はところどころでにわか雨がある見込みです。道南では、強く降る所もありそうです。

 道北とオホーツク海側です。留萌や旭川は夕方から、オホーツク海側も夜遅くはザーッと降る雨がありそうです。

 晴れているオホーツク海側の内陸では気温が30℃くらいまで上がる見込みです。太平洋側です。

 こちらもくもり空で、小雨の降るところもあるでしょう。気温は帯広や浦河できのうより4℃高い23℃で蒸し暑く感じられそうです。

 ◆週間予報
 あすは道東やオホーツク海側の内陸で午後、雷雨があるかもしれません。急な激しい雨にご注意ください。札幌では土曜日にかけてくもりや雨の天気で日中の気温は30℃近くと、かなりムシムシとするでしょう。日曜日は晴れて、夏本番の陽気となりそうです。帯広は33℃まで上がって、およそ1か月ぶりに真夏日となる予想です。

<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE