みんなのドラマ見て得キャンペーン

"125年ぶり暑さ" 札幌"4日連続"30℃超え 3日間で39人"熱中症"疑い救急搬送 北海道

2017年7月10日12:15
 北海道では、先週から厳しい暑さが続いています。札幌市では7月10日午前、すでに30℃を超え、4日連続の真夏日となっていて、7月上旬としては、125年ぶりの暑さとなっています。

 じっとしていても汗が噴き出るほど、7月10日も蒸し暑くなった札幌市。

 気温は10日午前11時20分現在で、31.8℃まで上がり、10日までで4日連続の真夏日となっています。

 4日連続の真夏日は7月上旬としては、125年ぶりです。

 この記録的な暑さで、7日から熱中症で具合が悪くなる人が急増し、札幌市では9日までの3日間で、熱中症の疑いで39人が救急搬送されています。

 その他、帯広市や旭川市、岩見沢市などでも、10日までで4日連続で、30℃を超えています。

 北海道は今週も、非常に蒸し暑い状態が続き、30℃以上の日が多くなる予想です。

 喉が渇く前に、水分と塩分をこまめに取るなど、熱中症に十分注意して下さい。

直近のニュース