みんなのドラマ見て得キャンペーン

「片道切符を」中国人女性 7月23日"釧路市街"目撃相次ぐも…その後途絶える 他の街へ? 北海道

2017年8月3日18:58
 7月23日から消息を絶っている26歳の中国人女性。

 北海道・釧路駅周辺の、複数の防犯カメラに似た女性が映っているのがわかりました。さらに釧路駅の近くで話をしたという女性が、UHBの取材に応じました。

 カウンターで対応した女性:「日本語が、あまりできていないというところですね。きれいな人ですよね」

 7月23日から行方が分からなくなっている、中国の小学校教師、危秋潔さん(26)。

 危さんとみられる女性と、7月22日、釧路駅近くのバスターミナルで話をした女性に8月3日、当時の様子を聞くことができました。

 カウンターで対応した女性:「阿寒湖に行きたいということだったので、『ワンウェイ?(片道) ツーウェイ?(往復)』という話をして、(女性が)『片道』と言ったので…」

 記者:「Q.片道切符を買った? 」

 女性:「はい」

 警察によりますと、危さんは、7月22日に阿寒湖温泉のホテルに宿泊し、翌23日に、バスで阿寒湖から釧路駅方面に向かったとみられています。

 記者:「23日正午過ぎ、危さんは、駅のバスターミナルを出て、この道を歩いていたとみられています。釧路市街に入ってから最初に確認されているのは、こちらの仏具店にある防犯カメラです。

 釧路駅から南に、400メートルほどの場所にある仏具店。

 その防犯カメラに、危さんの服装に似た女性が映っていました。

 警察によりますと、仏具店からさらに南にあるコンビニの防犯カメラにも、危さんに似た女性が映っていたことが分かっています。

 さらに…。

 その後の取材で、同じ日の正午すぎ、別のコンビニやホテルの防犯カメラにも、危さんとみられる女性が映っていたことが新たにわかりました。

 警察は、引き続き危さんの足取りを詳しく調べています。

直近のニュース