みんなのドラマ見て得キャンペーン

台風15号 "上陸なし"も北海道東部で強風 4日にかけても注意

2017年9月3日19:00
 大型で強い台風15号が日本の東海上を北上している影響で、北海道は9月3日、太平洋側東部や、オホーツク海側南部で夜遅くまで風が強く、気象台は高波や強風高潮に注意するよう呼び掛けています。

 台風15号は速度を速めながら北上し、4日未明に温帯低気圧に変わり、千島の東に進む見込みです。

 この影響で道東を中心に強い風が吹いていて、根室市では3日午後1時ごろ、最大瞬間風22.4メートルを観測しています。

 4日にかけてもオホーツク海側南部や太平洋側では波の高い状態が続き、予想される波の高さは、3メートルから4メートルです。

 最大瞬間風速は太平洋側東部の陸上・海上で30メートルオホーツク海側南部の陸上・海上で25メートルと予想されています。

 太平洋側東部では、4日未明にかけて高潮による低い土地の浸水にも注意が必要です。

直近のニュース