みんなのドラマ見て得キャンペーン

トレーラー荷台 "わざと"はみ出し2人死亡 運転の男 禁錮2年8か月 「不必要なブレーキ」 札幌地裁

2017年9月20日19:11
 北海道千歳市で2017年1月、トレーラーの荷台が対向車線にはみ出て2人が死傷した事故で、運転手の男に禁錮2年8か月の判決が言い渡されました。

 洞爺湖町の会社員、高梨正志被告(34)は、2017年1月、千歳市の国道で、トレーラーを運転中に荷台部分を対向車線にはみ出させ、その結果、別のトレーラー同士が衝突する事故を起こし、男性2人を死傷させたとして過失運転致傷の罪に問われていました。

 高梨被告は、自分に過失はないと無罪を主張していました。

 20日の判決公判で、札幌地裁の坂田正史裁判長は「不必要にブレーキを操作し対向車線に荷台をはみ出させ、その過失は危険、重大」と指摘し、禁錮2年8か月の実刑判決を言い渡しました。

直近のニュース