年末ジャンボUHB

ご当地ポテトチップス 北海道限定 "ちくわパン味"の不思議 札幌生まれ? "発祥の店" 評価は?

2017年11月15日07:15
 11月13日発売された、北海道限定のポテトチップス。何味か、みなさんわかりますか?実は“ちくわパン味”なんです。どうしてこれが"北海道の味"なんでしょうか?

 「ちくわパン味ポテトチップス」。北海道限定発売の謎に迫ります。

 田辺桃菜アナウンサー:「うすしおやのりしおなど、たくさんの味のポテトチップスが並んでいるこの棚。この中で一番上、ずらっと一列に並んでいるのが、今回新発売になったポテトチップスです」

 11月13日、菓子メーカーのカルビーが、北海道限定で発売した「ちくわパン味」のご当地ポテトチップス。

 その味は?

 試食した人:「(普通の)ポテトチップス」「伝統の味がする。練り物っぽい」

 開発の段階では“サケのチャンチャン焼き味”や“釧路ザンギ味”などが候補に挙がりました。

 こちらの方が、北海道っぽいですよね。

 どうしてまた「ちくわパン味」が、北海道の味として採用されたのでしょうか?

 カルビー北海道事業本部 加藤良課長:「ちくわパンは札幌発祥。これをきっかけに、全国に発信したい」

 え~っ!ちくわパンって、札幌が発祥の地なの?

 皆さん、知ってました??

 試食した人:「ちくわは知ってるけど、ちくわパンは知らない」「全然、知らなかった!」

 ちくわパンが生まれたというパン専門店「どんぐり」を訪ねてみました。

 店内のひときわ目立つ場所にありました。ちくわパンです。

 1日平均300個が売れる一番の人気商品だといいます。

 「おいしい、ちくわが好きなので」「子どもが好きなので、お土産に持って行こうと」

 ちくわパンとは、その名の通り、ちくわにパン生地を巻きつけて焼き上げた調理パンです。

 ちくわの中には、おいしさの決め手となる、ある物が入っているんです。

 それは…。

 どんぐり桑園店 高橋葵さん:「プリッとした食感のちくわの中に、ジューシーなツナが入っている。上からマヨネーズをかける」

 ちくわパンが誕生したのは30年ほど前。

 「ちくわを使ったパンを食べたい」という客のリクエストに応え、生まれたのです。

 ちくわの中に何を入れるかで試行錯誤。

 その結果、ツナサラダが最も合うということに落ち着いたんだそうです。

 11月13日に発売された、ちくわパン味のポテトチップス。

 元祖の味を、再現できているのでしょうか?

 どんぐり桑園店 高橋葵さん:「ちくわの味がする。パンからお菓子の食感に、パリパリに変わった感じ」

 お墨付きの味!

 11月13日に発売になったのは北海道内のコンビニエンスストアのみ。

 スーパーなどでの販売開始は、11月27日からです。

直近のニュース