伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

「大切な宝物」 エンゼルス・大谷翔平選手の"等身大パネル"どこに… 窃盗事件で捜査 北海道浦河町

2018年6月14日19:19
 北海道浦河町の商業施設に展示されていた、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の等身大パネルが、盗まれているのが分かり、警察では窃盗事件として、捜査しています。

 盗まれた等身大パネルは、2015年、北海道日本ハムファイターズで活躍していた大谷翔平選手が、浦河町の応援大使に決まった際、球団から贈られた物です。

 浦河町教育委員会が、町内の商業施設内に、記念写真等とともに展示していました。

 パネルは、高さが193センチ、重さ約1キロの発泡スチロール製だったということです。

 浦河町教育委員会 和田修さん:「大切な宝物。ぜひ返してもらいたい」

 教育委員会の職員が12日、無くなっている事に気づき浦河署に届け出ました。

 警察は防犯カメラを調べるなど、窃盗事件として捜査しています。

直近のニュース