伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

「弟の弔いを」 兄が自由訪問で択捉島へ 北海道

2018年6月22日19:40
 2018年度3回目となる北方領土の自由訪問団が6月22日朝、北海道根室港を出発しました。

 6月上旬の自由訪問では択捉島出身の78歳の男性が船内で死亡していて、今回参加する男性の兄は弟を弔いたいと語りました。

 伊藤光作さん:「弟の弔いもあるし兄とか妹とか6人も眠っていますんで、そこに眠っている兄弟の霊を弔いたい」「(亡くなった弟には)成仏せよというしかないでしょ」

 9日、自由訪問中の船内で弟の晶さんを亡くした伊藤光作さんは出発前、沈痛な面持ちで思いを口にしました。

 択捉島への自由訪問団は元島民ら約40人を乗せて、22日朝に根室港を出発、25日までの日程で、視察と墓参を行うことにしています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNNニュース