伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

もはや高級魚!? "庶民の味"サンマ初競り 最高値は1匹7万円 消費者・港に"衝撃"走る 北海道

2018年7月11日19:51
 7月11日朝、札幌卸売市場で行われたサンマの初競り。深刻な不漁を受け、最高値は1キロ50万円一匹あたり7万円という衝撃の数字に。港が、消費の現場が揺れています。

 未明の釧路港。8日に解禁となった道東沖のサンマ流し網漁の船でにぎわっているかと思いきや…、水揚げされるのはイワシばかりです。競りが行われる市場でも。

 上杉幸生記者:「ずらりと並んでいるのはサンマではなくイワシ。サンマはきょうは6箱だけ」

 釧路港では10日の水揚げ初日が、前年より7割少ない700キロ。2日目の11日も、初日の1割にも満たない11キロという寂しい水揚げとなり不漁となっています。

 深刻な不漁を受け、札幌中央卸売市場では、午前6時30分から約200キロのサンマが初競りにかけられました。

 釧路で過去最高の1キロ3万3千円がついた初物のサンマ。札幌では2017年の40万円を上回る、過去最高の1キロ50万円で2017年に続き、札幌市内の回転すし店が競り落としました。

 回転すし活一鮮 佐藤厳代表:「1キロ50万円。このサンマの売上金は(西日本豪雨の被災者に)寄付する」

 丸水札幌中央水産 上嶋義人さん:「水揚げ次第で値段がガラっと変わってくる。本当に漁に期待して販売していきたい」

 気になる一匹7万円のサンマは…。

 「初物のサンマ、欲しい人~?」「はーい! 」

 2年連続で競りとした札幌市の回転寿司店。販売価格は一貫888円、ですが…。

 「(Q.原価は?)1万1666円ですね」

 蓼沼阿由子記者:「いただきまーす。油のってる、柔らかい!」

 身が大きく、脂ののりもちょうどよいご祝儀サンマ限定120貫、幸運にありついた客は…。

 客:「いままで食べた寿司でいちばんおいしい」「原価をきいたらもっとおいしくなった気がする」

 もはや"庶民の味"とは言い難い異常事態。スーパーの鮮魚売り場では今後の値動きに不安の声が聞かれました。

 客:「サンマといえば弁当のおかず。今は高級魚」「去年はこんなに小さかった」

 鮮魚担当者:「(サンマが)とれ始めのころはうちには入荷しない。来月の終わりくらいから頑張って買いやすい値段に」

直近のニュース